· 

頑張らない妊活の食事のポイントは引き算!?

私が考える、「がんばらない、ゆるい妊活」というのは

一見、遠回りのような、なんとなくやってみる。そんな風に聞こえるかもしれませんが実はこれが、妊娠への近道だと思っています。

 

今日は、そんなゆるい妊活への第一歩!

引き算についてです。

 

カロリーばかりを摂っていませんか?

女性であれば、カロリーを気にしてお食事する方も多いと思います。

ダイエットなどされていればなおのことですよね。

 

妊活中はカロリー摂取はダメなの?

と言ったらそういうわけではありません。

カロリーばかりを気にして、好きなものを我慢しすぎるのはストレスを貯めて行ってしまいます。

 

現代人の食生活の傾向に、カロリーはしっかりとっているけど栄養のバランスが乱れている、というのがあげられると思います。

 

栄養バランスもしっかりと取ってのカロリーオーバーはいいと思うんです。

だけど、バランスが崩れている食生活ばかりを続けているのは妊活的にはNGですよね。

 

私がおすすめするのは、1週間の中でなんとなくバランスを考えること。

7日間の中で、好きなものをいっぱい食べてもいい日。というのを設けたり

外食で塩分、カロリーオーバーもOK。

スナックや甘いスイーツも好きなだけ食べる。

 

毎日これでは困りますが、7日に1度ならいいよね!

という風に決めていれば、残りの日は少し食事に気を使ったりできるきがしませんか?

 

 

足りない栄養を補うのは?

それでも、完璧に栄養バランスを考えての食事は難しいですよね。

そんなときに便利なのがサプリメント。

 

妊活ではサプリメントを勧める方が多いと思うのですが、私個人的にはサプリメントをおススメしない派です。

 

サプリメントには、その栄養分をぎゅっとあの形にするのですから当然摂りたい栄養以外の”添加物”も入っています。

その添加物、カラダにとってはいらないものですよね?

 

私が言っている引き算、というのは

「摂らなくていいものを、摂らない」ということなんです。

 

栄養は、やっぱり”本物”からとるべきだと思うんです。

 

とってもシンプルなんですが、忙しく生活していると難しいんですよね。

 

ちょっと大げさな話になってきますが、人間はすこーしずつ進化しているんですって。

(都市伝説の番組で見ました。笑)

 

食生活は昔と大分変ってきています。

便利になり、よりおいしく感じることができたり、より長く保存することが出来たりすることが可能になりそれに伴って本来”摂らなくていいもの”を摂っています。

 

そういう食文化になってくれば、当然カラダだって変わってきますよね。

そういった添加物に対応するカラダに進化しているのです。

見た目ではわかりませんが。

その代償の1つが不妊であると私は個人的に思っています。

 

 

できれば、より良いものを、本物を食べて人間本来のカラダを維持したいものです。

妊娠する力というのはもともと誰にでも平等にあるものだと思っています。

そのもともと持っている力を自然に発揮できるようになるには、”摂らなくていいものを摂らない”のはとっても重要なのではないかなと思います。