· 

無理をすると頑張るの境界線

タレントのJOYさん。

 

以前、テレビでこんなことをおっしゃっていたのが印象的でした。

 

「頑張ることと無理をすることは違う」

 

 

おぉ~!

 

なんかチャラいイメージの方だったんで(笑)意外でした。

 

 

私もそれを聞いて納得。

 

 

生きていれば、頑張らなくてはならない場面は必ずあります。

 

でも、頑張りすぎて無理をしてしまうのが当たり前になってしまうと身体と心が壊れてしまいます。

 

 

じゃあ、今自分は無理をしてるのか?ただ頑張っているだけなのか?

 

その見極めというか、境界線は難しいと思います。

 

私も、ついつい無理をしてしまいがちです。

 

 

 

 

そこで私が一つ目安にしていることがあるのでご紹介します。

良かったら参考にしてみてくださいね!

 

 

頑張ってやったら、これは自分の達成感や満足感があって、そのあとのごはんがおいしく食べられるか??

→頑張るべき時

 

頑張ってやろうと思えばできるけど、これをしたらそのあとしんどいな・・・

→無理をしているとき

 

 

 

”頑張れる量”っていうのは、人によって違うと思うんです。

 

いっぱい頑張っても大丈夫な人。

 

少し頑張ったらそれでいっぱいいっぱな人。

 

どっちがよくて悪いとかはもちろんありません。個性でもありますしね!

 

 

自分は、どんなタイプだろう?と少し自分自身に意識を向けることも大切です。

 

特に子育て中は子供の事で手も頭もいっぱいになります。

 

 

寝る前の5分間だったり、子供がお昼寝してるとき、トイレに入ったとき・・・

 

ちょっとでいいので、”自分”が今どんな状態なのか?どんな気持ちなのか?意識を向けてみてくださいね。